So-net無料ブログ作成
検索選択

高速バス&フェリーの旅 [旅行]

【1日目】2月20日
バスタ新宿9時発の高速バスで名古屋へ。14時40分くらいに着きました。
ドトールで簡単な昼食を済ませて、デパ地下で夕食を購入してから市バスを乗り継いでフェリーターミナルへ。SUICAでは乗継割引にならないので、普段は使わない母の形見のmanacaにチャージして使いました。
オフシーズンで名古屋からの苫小牧行は3日に1便の運航。受付カウンターも閑散としていました。定員700名以上の船にこの日は60人そこそこの乗客のようです。
17時30分に乗船開始。この日は普段仙台⇔苫小牧を運航している「きたかみ」。仙台⇔苫小牧は夜間航行主体の15時間なのでいつもは2等和室かB寝台。今回は昼間も含めた21時間40分ということで特等船室です。
「新いしかり」と「きそ」の特等船室は利用したことがありますが、「きたかみ」の特等船室は、設備はほぼ同じで、ソファーの向きが進行方向と直角になっているのが違います。

朝食抜きでお昼も軽かったので早めの夕食を船室で。お湯を沸かしてお茶をいれて秋刀魚の押寿司をいただきました。
19時出港。サウナ付きの大浴場でさっぱりしてから部屋でテレビを見ながらのんびりまったりしていました。
20時にライブショー。この日は民謡で津軽三味線と沖縄の三線の演奏を聴きました。以前にもフェリーで聞いたことがあります。
21時に部屋に戻って5年日記帳のまとめ書きをしていました。この日は風が強くて海も荒れ模様。夜22時で大浴場も閉鎖されてしまいました。 船酔いはしないタイプなので大丈夫ですが、よく揺れるので眠くなってしまいました。

【2日目】2月21日
朝6時に目が覚めました。せっかくなのでデッキに出て日の出を見ようとしたら、強風のため出られません。仕方がないので船内から6時20分の日の出を待ちます。東の水平線上に少し雲があったので6時23分に太陽が見えました。
7時過ぎに大浴場再開の案内放送。展望室でカップ麺の朝食を済ませてから大浴場へ。
9時から船内テレビで映画「のようなもの。のようなもの。」という変なタイトルの映画を見ました。松山ケンイチがまだ前座の噺家を演じていました。新宿末廣亭での鏡味仙三郎社中の太神楽も登場していました。落語が絡むとなんとなくしっくりしてしまう私です。
11時30分に気分転換で大浴場へ。テレビで東京株式市場の前場を確認して12時30分にレストランへ。バイキング形式ドリンクバー付きで800円。以前と比べてレベルダウンしたような気がしました。
16時20分の仙台港着まで特に何をするというわけでもなく部屋でまったりしていました。

仙台港に着いたら雪が舞っていてめちゃくちゃ寒かった。JR仙石線中野栄駅まで歩いて仙台駅へ移動。18時前にホテルにチェックイン。部屋が暖かくてほっとしました。
19時過ぎに晩ごはんのために外出。幸楽苑の株主優待券を使いたかったのでイオン仙台店のフードコートへ。味噌ラーメンと餃子をいただきました。
食料品売場でフルーツとかヨーグルトとか買ってホテルに戻ります。
手紙を1通書きかけたところで眠りに落ちました。

【3日目】2月22日
7時に目が覚めました。手紙を書きあげて、8時過ぎにホテル1階で朝食。パンとゆで卵とフルーツと紅茶。
10時45分にチェックアウトして、イオン8階のビッグボーイへ。仙台在住の友人とランチしました。いくら時間があっても話したりないのですが、この日は高速バスの時間の都合で70分だけ。

12時30分発の高速バスでバスタ新宿へ。途中の安達太良サービスエリアで東北お土産を買いました。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 2

空の下

船旅で
「サウナ付きの大浴場でさっぱりしてから部屋でテレビを見ながらのんびりまったりしていました。」
は素敵ですね。私も体験してみたいです。
by 空の下 (2017-02-26 23:12) 

らしゃーぬ

空の下さま
船旅の魅力はのんびりまったり、せわしい日常から離れることができること。
太平洋フェリーは割引料金も充実しているので時間を作って船旅を楽しんでください。
by らしゃーぬ (2017-02-27 19:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: