So-net無料ブログ作成

畑仕事 2106.01.27 [畑仕事]

1月に入って6回目の畑仕事。日曜日は朝8時、火曜日は午後2時くらいに新宿から軽ワゴン車で移動します。
茨城・取手の畑に着いたら16時近くになっていました。用水桶に氷が張っています。この寒さで青虫もやっといなくなりました、
この日の私の担当はルッコラの収穫とスティック春菊の種蒔き。ルッコラは成長した葉をハサミで1枚ずつ丁寧に切り取ります。切り口からよい香りが漂ってきます。ビニール袋ほぼいっぱいになるくらいを収穫。居酒屋のサラダのよい香りづけになることでしょう。
スティック春菊の種蒔きは、日曜日に紫からし菜と雑草を抜いてきれいにしておいた畑に一条蒔きしました。如雨露で水をあげてから、保温のためにビニールトンネルかけしました。サラダに使える品種です。
冬場は大根と葉菜類が中心となります。今美味しいのは、白菜・小松菜・ほうれん草・ケールなど。ようやく寒くなってきたので白菜の甘みが増してきました。新宿に戻ってから、日当代わりの鶏鍋をいただきましたが、白菜がとっても甘くて美味でした。
昨年9月中旬に蒔いた桜島大根も大きくなりました。1月17日に初収穫。直径15~20cm程度に育っています。この日は2個目を収穫。大根よりも蕪に似た味がします。サラダにしても美味しいですが、煮てもまた絶品。今シーズンは15個だけですが、来シーズンはもっと増やす予定です。
2月は事務所で育てているレタスの苗の植え付けが始まります。種蒔きは1月3日にしました。レタスだけでも5種類です。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新宿末廣亭正月二乃席 [新宿末廣亭]

友の会の入場券の有効期限が今月末。何かと忙しくて時間が取れませんでしたが、1月18日正月二乃席に行ってきました。
雪が積もって、正にお足元が悪い日なので空いているでしょう…と、ゆっくりとデパ地下でお弁当など買って、開場20分前の11時20分に末廣亭に到着。こんな天気の日でも既に10人以上並んでいました。中に入ってしまえばお天気は関係ないとはいえ寄席好きは雪の中でもやって来ます。

末廣亭は全席自由席。基本、出入りがしやすい椅子席最前列から埋まっていきます。私はいつも高座に向かって右手の桟敷席最前列。都内の定席で桟敷席があるのは新宿末廣亭だけです。
早速、デパ地下で買ってきたお弁当をいただきます。寄席は1月20日までがお正月なので、いつもより少し高いお寿司。食べ始めると前座さん登場。柳家あお馬。演目は寿限無。喜怒哀楽が無くてのっぺらぼうな落語になっていました。まだまだ修行が必要です。

昼の部一番手は柳亭市楽。二ツ目です。プログラムには乗っていないので代演。雪の影響かもしれませんね。演目は真田小僧。ずる賢い子供が父親をだまして小遣い銭を手に入れるお話です。末廣亭では持ち時間の関係で父親が母親に愚痴るところで終わってしまいますが、先日テレビでフルバージョンを聞きました。この悪ガキ一度ならず二度小遣い銭をせしめて焼き芋を買い食い。真田幸村の講談が間に入っています。真田幸村が大坂夏の陣で討ち死にではなく島津氏を頼って薩摩へ逃げ延びたという伝説にかけて、うちの倅も薩摩(芋)に落ちたか。が本来のオチでした。

続いてロケット団。コンビの一人が山形出身ということで山形弁ネタと四文字熟語ネタ。何回も聞いているので半分以上は聞いたことのあるお話になってしまいます。ちなみに翌日の沖縄へのJALの機内で聞いたお話とだいぶ被っていました。

三遊亭歌武蔵。この方は体格を見て納得ですが、大相撲武蔵川部屋に入門された経歴の持ち主。「大安売り」がお似合いですが、この日は犬の目。正月公演は持ち時間が少ないので短めのお話が多くなります。枕が大相撲風でした。

春風亭勢朝。出囃子が野球拳なので印象的。後で高座に上がる川柳川柳の悪口ネタ。

林家鉄平。演目は堀の内。そそっかしい男が杉並区堀ノ内にある御祖師様へお参りに行くところから話は始まります。鍋屋横丁といったリアル地名が登場するのでなんとなく親しみを感じてしまうお話です。

林家二楽。紙切り。その場で出されたお題を下絵もなしに鋏で切っていく芸は素晴らしいです。

柳家小団治。代演です。枕はオリンピックネタ。演目はぜんざい公社。お役所仕事を皮肉ったお話。やっとの思いでありついたぜんざいなのに甘くない。文句を言うと、「甘い汁はこちらでいただきました。」

五明樓玉の輔。この方も代演。演目は紙入れ。末廣亭ではよく聴くお話。プログラムは柳家花緑、お目当てでしたから正直ガッカリでした。

三遊亭円丈。川柳川柳ほどではありませんが、とっても個性的な方なので飽きません。おめでたい新作落語を聴かせていただきました。

すずかぜにゃん子・金魚の漫才。お目当ての一つ。ここ何回か代演で空振りでしたから、期待していたのですが、持ち時間の関係でゴリラネタ他で終わってしまいました。正月公演なのでお二人とも振り袖姿ですから、いつものダイナミックな動きは無理ですよね。金魚の手作り被り物はお正月風でお目出度かったです。

三遊亭歌る多。演目は穴子でからぬけ。与太郎に出し抜かれるお話です。

林家正蔵。高座に座るなり、桟敷席でお弁当食べていた人を咎める。寄席はお弁当食べながらのんびりまったり楽しむ場所なんだからそんなところで目くじら立てなくてもいいのに。私的には少し嫌いになってしまいました。演目は味噌豆だったような。

金原亭伯楽。お弁当お咎め事件の後遺症で記憶が飛んでます。

三遊亭小円歌。いつもは三味線と一緒に都都逸ですが、時々前座を呼び出して太鼓を叩かせます。この日は難しい太鼓をさせて、失敗させてました。パワハラですね。

鈴々舎馬風。御年76歳。

三遊亭円歌。御年87歳。「お寺から病院へ行ったのは俺くらい。」のいつものお話。自作の新作落語「授業中」にも少しだけ触れましたが演じませんでした。

ここで中入り休憩。デパ地下で買っておいた肉まんをいただきます。

松づくしといって松が描かれた扇を使っての踊り。三遊亭歌る多と弟子の美るく・日るねの女性三人で。お正月の雰囲気そのもの。寄席は1月20日までがお正月です。

橘家円太郎。外交官の小噺。以前にも聞いたことがあります。

柳家はん治。代演です。夫婦話。

川柳川柳。極めつけの個性派。「待ってました!」と声を掛けます。太平洋戦争中の軍歌変遷。いつ聴いても飽きない。

桂文楽。川柳川柳の余韻に浸っていたのでよく覚えていません。

江戸家猫八。いつもの動物鳴き真似。

柳亭市馬。演目は片棒。ケチな大店の主人が跡取りを三人の息子の誰にしようかと考え、番頭の提案により、もし自分が死んだら葬式はどうすると三人の息子に尋ねる。長男は豪華絢爛で散財するから問題外。次男は滑稽で馬鹿にした葬儀で呆れる。三男は主人に負けず劣らずのケチ。葬式はせずに死骸を放り出して鳥葬でと。それはあんまりという主人。棺桶は漬物樽で代用にして前後二人で担ぐようにして、1人は自分が担ぐとしてもう1人は人を雇うとお金がかかってしまうと嘆くと、主人曰く「心配するな。片棒は俺が出て担いでやる。」
以前、春風亭一朝の片棒を聴いてさすが!と思いましたが市馬もなかなかです。御見それしました。

昼の部はここで終了。助六寿司を500円→300円で割引販売していたので購入。寄席は食べながら楽しまないといけません。

夜の部の前座は柳家小多け。演目は道灌。単調でいまひとつ。まだまだ修行が必要です。

鈴々舎馬るこ。演目は牛ほめ。一部を新作落語風にアレンジしていたので新鮮でした。

笑組。お正月らしく南京玉簾。

柳家〆治。演目は松竹梅。お正月向けですね。

初音家左橋。演目は親子酒。

林家しん平。出囃子ではなく「殿のおなーり。」で登場。

林家ペー。鉄腕アトムを歌ってました。

柳家喬太郎。

五街道雲助。演目は庭蟹。洒落のわからない主人に番頭が苦労するお話。

柳家権太楼。演目はつる。気づいたら2階席開放されています。平日雪の日なのに寄席人気はさすが。

松旭斉美登・美智。奇術。食パン芸は初めて見ました。

柳家小満ん。演目は時そば。

三遊亭金馬。御年86歳。

ここで中入り休憩。

寿獅子。立派な獅子舞。寄席ならではのお正月気分。

柳家小袁治。演目は夢の酒。夢の中で酒を勧められてお燗を待っている間に起こされてしまい、冷で飲んでおけばよかった。

春風亭一朝。私の一番のお目当て。「待ってました!」と声を掛けます。演目は祇園会。ちゃきちゃきの江戸っ子の一朝は喧嘩ものは得意中の得意ですからよかった。

柳家小里ん。代演です。演目はたらちね。葱売りが登場するのは初めて聴きました。

林家正楽。紙切り。いつもながらお見事。

柳家小三治。人間国宝。正月二乃席が満席なのはこのためでしょう。高座に上がった途端、末廣亭がシーンと静まり返ります。お弁当なんか食べる雰囲気ではありません。正蔵もお弁当を咎めるよりお弁当を食べる雰囲気ではない場づくりをしてほしいもの。高田馬場にお住まいで自宅近くに雨が降るとぬかるむ道があるといったマクラを長めに。演目は転宅。間抜けな泥棒のお話。終わったのは21時15分でした。昼の部から9時間以上楽しませていただきました。

次回は2月3日。節分豆まきです。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

毎度おなじみ南房総フリー乗車券 [旅行]

最近お気に入りの南房総フリー乗車券。楽天トラベルで格安ホテルプランを見つけたので旅に出ました。

【1日目】1月13日(水)
方南町5:00発の始発電車に乗って、中野坂上と大手町で乗り換えて西船橋へ。ここからJR線。南房総フリー乗車券のお世話になります。
総武線各駅停車で津田沼へ。津田沼から千葉までは総武線快速。千葉で快速木更津行きに乗換えました。木更津は南房総フリー乗車券のフリーエリアの入口。駅前のレトロな喫茶店で朝食のつもりが…最近すっかりアバウトな私、食べログでチェックはしたものの、お店の名前も場所も覚えていませんでした。西口に出てうろうろしたものの見つからず。あきらめてたまたま見つけた万葉軒の幻の500円駅弁「とんかつ弁当」を買いました。
http://www.manyouken.co.jp/ekiben/lineup.html#016
後でチェックし直したら、喫茶店は東口にある「ラビン」でした。また次回。
木更津7:39発の館山行に乗車。少し混んでいてお弁当を食べる雰囲気ではありません。30分ほど経って竹岡駅で空いたので、ここから保田駅までの10分弱でお弁当をいただきました。ご飯の上にとんかつがのっているシンプルな駅弁。薄いなりにもきちんとしたとんかつにソースをかけて、ご飯と一緒にいただきます。筍の煮付と昆布の佃煮と漬物が添えられていました。

保田駅で下車して徒歩10分ほどの保田漁協直営のばんやの湯へ。人工の炭酸温泉ですが、24時間営業で570円と割安なので朝早い時には便利です。枇杷の葉湯もあります。1時間ほどまったりしてから保田駅に戻ります。途中「水仙ロード」の案内板を見かけたので寄り道しました。道端に水仙が咲いていました。

保田駅10:34発の館山行に乗って10:55着。お昼には少し早いので11:09発の安房鴨川行で安房鴨川へ。太海駅近くは車窓からの眺めがよいです。安房鴨川に11:54着。駅前のイオンで飲物を買っておきます。温泉に入り浸りだとのどが渇きますから。
安房鴨川12:22発の館山行で館山に13:02に戻りました。お昼は以前に訪れたことのある館山警察署近くの大衆食堂「黒恵屋食堂」と決めていました。メニューも前回から気になっていたチャーシュー麺550円。厚切りのチャーシューが5枚ほど。しっかり味が付いています。その分スープが薄口になっていました。メニューにチャーシューライス600円とありましたので、そちらの方がよかったかも。次回はそうしようかしら。でもカツライスや天丼も捨てがたい。

館山駅に戻って持ってきた葉書に駅スタンプを押しました。4種類ありましたが、南総里見八犬伝の柄は可愛い犬も登場でおすすめです。
館山駅14:15発の安房白浜行きJRバスで野島崎灯台入口まで。バスも南房総フリー乗車券でOKです。40分弱で到着。車窓から観光用のお花畑に色とりどりのポピーが咲いてるのが見えました。ここからホテルまで徒歩5分。
この日泊るのはホテル南海莊:http://www.hmi-ryokan.jp/nankaiso/
楽天トラベルで2食付き8,420円という格安キャンペーンプラン。
野島崎灯台のすぐ近くにあるオーシャンビューの温泉ホテル。レトロな昭和そのものの建物です。8階のツインルーム。海はよく見えますし、夜9時くらいまで灯台がライトアップされて漆黒の闇に真っ白な灯台が浮かび上がって絵になります。
チェックインの15時から温泉に入れるのはうれしいですね。夜11時に男女入替があって翌朝9時30分まで利用できます。温泉に入ってから、せっかくなので近くをお散歩。道の駅までさほど遠くなかったのですが、風が強くて大変でした。ちょうど日没前で夕日がきれいでした。こじんまりとした道の駅でサツマイモを100円でゲット。スタンプを葉書に押してからホテルに戻りました。帰りは追い風。
少し休んでから、恒例の旅先からのお便り。今回は葉書を5枚書きました。年賀葉書の余りですが、スタンプを押すと旅先からの便りらしくなります。
夕食は19時30分から。90分のバイキングスタイル食べ放題。サザエの壺焼き・ホタテ・ハマグリ・イカ一夜干し・海老は自分のテーブルで固形燃料を使って好きなだけ焼いて食べられます。
一人用の鍋も、石狩鍋・もつ鍋・豆乳鍋・アンコウ鍋・水炊きと5種類。種類は限られていますが、お寿司とお刺身も好きなだけいただけます。他の料理も盛りだくさん。とても全種類は食べることはできませんでした。
もつ鍋とサザエの壺焼きと焼き蛤とお刺身とお寿司と茶碗蒸しと揚げたての天ぷら。これだけいただけばほぼ十分。テーブルで炊き上げる釜飯にはとても手が出せませんでした。2~3回続けても飽きずにいただけそうです。

お腹いっぱいで温泉に入って至福のひと時。そのままお休みしました。


【2日目】1月14日(木)
日の出に合わせて起きて、窓から海を見ていました。朝から温泉で暖まってから二度寝という幸せを味わって、8時から朝ごはん。鯵の干物は固形燃料を使ってテーブルで焼きます。目の前で作ってもらえるオムレツはチーズオムレツにしました。焼魚(鮭)・卵焼き・マグロお刺身・煮物など和食を中心におかずの種類もたくさん。最初は、卵かけごはんと焼き海苔と納豆のゴールデントリオ。お替わりはお粥にしました。牛乳で始めてコーヒーで終えるのはいつもと同じ。パンも美味しそうでしたが無理して食べるのはやめておきましょう。

10時にチェックアウト。野島崎灯台下の広場の休憩所で景色を眺めながら、畑関係の頼まれ仕事(農業関係の試験問題作成)を小一時間して、11:12発の館山駅行きのバスに乗車。13分乗って相の浜で下車。直売所でカリフラワーを80円で買いました。
10分ほど歩いて「たてやま温泉千里の風」。11月に一度利用したことのある日帰り利用可能温泉。平日料金は1000円です。
http://www.senrinokaze.jp/spa/
高機能のマッサージチェアが置いてあるので温泉&マッサージ三昧。2時間ほど滞在しました。
徒歩数分のアロハガーデン館山にある南房パラダイスバス停14:32発の館山駅行に乗車。館山駅15:15着。15:20発の千葉行の内房線で木更津16:25着。木更津でお買物をしてから帰りました。

今回の旅費
南房総フリー乗車券 3100円
東京メトロ回数券2枚 309円
乗り越し清算     280円 (交通費計 3689円)

ホテル南海荘 1泊2食 8,420円
木更津駅 とんかつ弁当 500円
館山・黒恵屋食堂    550円
ばんやの湯       570円
千里の風        1000円
その他         440円

合計 15,169円
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

サイゼリヤ株主優待 [株主優待]

サイゼリヤから株主優待が届きました。
500gのパスタ2袋、オリーブオイル229g1本、トマト&あさりのパスタソース195g1瓶、アンチョビペーストチューブ60g1本。
昨年より見劣りするのが正直な感想です。

昔々はレストランで使える30%割引券、その後1000円のお食事券などと変遷がありましたが、品物になってからも少しずつ悪い方向へ変わっているような気がします。

毎年12月に豪華な魚卵セットなどが届く魚力の株主優待も昨年から廃止になりました。株主にとっては世知辛い世の中になりつつあります。

次の株主優待は11月決算・中間決算のキャンドゥ・壱番屋、12月決算のミルボン・フジオフードシステム・ロイヤルホールディングス・電算システム・コカ・コーラウェスト・カゴメ・マクドナルド・東急レクリエーション・ペッパーフード・すかいらーくから株主優待が届く予定です。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

昭和元禄落語心中 [エンタメ]

TBSテレビで深夜放映されていたアニメ。この日が第1回。寄席通いが趣味の私はタイトルに魅かれて見ました。
刑務所を出たばかりの若者が弟子を取らないという落語家に弟子入りを志願。その後の波瀾万丈人生。落語も聞けるし、新宿末廣亭がリアルに再現されていました。今回は「出来心」「初天神」など。新宿末廣亭でも何度か聞いたことがあります。
毎週放映されるようなので今後が楽しみです。

アニメの公式サイト:http://rakugo-shinju-anime.jp/#slide2

原作コミックの公式サイト:http://itan.jp/rakugoshinjyu/

来週、新宿末廣亭正月二乃席を聞きに行かないと…

新宿末廣亭:http://www.suehirotei.com/
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

畑仕事 2016.01.05 [畑仕事]

今年最初の畑仕事のお手伝い。
この日の作業は夕方4時近くから。まずはトマト用の簡易ビニールハウスの保温力UPのためにエアキャップ(ぷちぷち)を内側に張る作業のお手伝い。中で石油ストーブを点けているので暖かです。
次に、陽当り良好のキャベツ畑で、暖冬の影響でこの時期にはいないはずの青虫退治。1月に青虫がすくすく育っているなんて異常です。
民家の日陰になっている方のキャベツ畑は青虫はいませんが、雑草が目立ってきたので草取りをしました。草取りは真面目にやると時間がかかります。あっという間に暗くなってきました。
夜間でもLED照明で簡単な作業はできます。収穫のお手伝いをして、ちじみ小松菜を一株分けていただきました。→すき焼きで使ったら大変美味でした。
15本植えている桜島大根のうち少なくとも2本は順調に大きくなっています。直径20cmを超えてきました。
今後はレタスの植付けを予定しています。

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感