So-net無料ブログ作成

函館行ってきました [旅行]

JALの「どこかにマイル」、6000マイルで表示される4か所のうちいずれかの往復航空券と交換できるミステリアスなマイレージサービスです。3万マイル以上貯まっていたので利用してみました。

表示されたのは、女満別、函館、大分、那覇の4つ。夏の沖縄は虫が良すぎるし、大分か新幹線と競合している函館になるかも…と予想していたら、翌日にJALから行き先が函館に決まりましたとのメールが届きました。

【1日目】7月12日(水)
羽田空港7時50分発、グローバル会員でラウンジが利用できるので早めに空港へ行ってラウンジでトマトジュース飲みながら新聞読んでいました。ビールも無料で飲めますが、最近アルコールは控えています。
定刻に出発。函館空港に9時10分に着きました。いつものフェリーの旅とは随分と勝手が違います。
事前にネットであれこれ予習しておいたので、空港案内所で函館バス&市電共通1日券を購入。1000円です。
函館バスで函館駅まで移動します。歩いてすぐの函館朝市へ。500円海鮮丼のお店で朝ごはん。それなりの内容。南房総館山でいつも食べている500円海鮮丼の方がコスパはずっと良いです。

急行シャトルバスに乗って、トラピスチヌ修道院へ。一般の路線バスだと10分ほど歩く必要がありますが、このシャトルバスだと修道院の前がバス停になっています。
海が見える丘にあるこじんまりとした修道院。大正の終わりに火事に遭い、今の建物の大半は昭和初期に建てられたものとか。売店に併設されている資料館で修道院の歴史とか学びました。入場料とかは不要でしたから、感謝の気持ちを込めて売店にて、絵葉書・クッキー・ジャム・石鹸を購入しました。見学可能エリアは広くないので30分もあれば十分。
修道院を出てすぐのところに、市民の森公園売店があり、シャトルバスを降りるときに運転士さんからソフトクリーム50円割引券を受け取ったので350円→300円でソフトクリームをいただきました。北海道のソフトクリームは濃厚です。
市民の森公園で時間調整して、歩いて10分ほどのバス停から、鹿部行きのバスに1時間ほど乗って臼尻小学校前で下車。途中長さ2㎞以上のトンネルを通ったり、秘湯チックな温泉があったりするローカル路線。一日乗車券のエリア外なので1100円。10年以上前に使い残していたバスカード無事に使えました。550円分残っていました。バス停から坂道を登っていると、小学生たちとすれ違います。みんな「こんにちは!」と挨拶してくれます。こちらもきちんと「こんにちは!」と返します。
2年生くらいの女の子に、「縄文文化交流センターはどこ?」と尋ねたら、丁寧に教えてくれました。15分くらい歩いて、目的地の函館市縄文文化交流センターに到着しました。
道の駅に併設された博物館。入館料は300円。近くの縄文時代の遺跡の出土品などが展示されています。一番のお目当ては、北海道初の国宝に指定されている「土偶」です。約3500年前のもので高さ41.5cm 最大幅20.1cm 重さ1745g。 上野の博物館とかに展示されていたら黒山の人だかりでしょうが、北海道の片田舎の博物館。国宝を30分以上独り占めしていました。 猛暑の中歩いて疲れていたこともあって、冷房の効いた博物館の通路に腰かけて海を眺めていました。再度国宝を堪能してから道の駅へ。縄文人も食べていたであろう胡桃入りのソフトクリームをいただきました。280円。本日2個目のソフトクリームです。
函館駅行きのバスまで随分と時間があったので1時間ほど歩くことにしました。途中、大きな蕗が目に付いたので茎が緑色のものを2本採取。葉っぱはその場でちぎります。これは先日太平洋フェリーの中で見た映画【植物物語運命の恋ひろいました】の1シーンで学んだこと。川汲(かっくみ)バス停まで海沿いの道を汗だくで歩いて、ここから函館駅前行きのバスに乗りました。他に誰も乗っていませんでした。トラピスト修道院入り口バス停で下車。920円でしたから180円分歩いたことになります。
ここからは一日乗車券のエリア内。市内線のバスに乗り、湯の川から市電に乗り換えて函館駅前の一つ前の松風町で下車。
今日の宿のコンパクトなホテルは電停のすぐ近く。ツインルームにチェックインして荷物を置いたら、市電でおでかけ。十字街で降りて、1日乗車券を提示すれば割引になるカレーショップへ行ってみると水曜定休でした。電停へ戻る途中にラッキーピエロを発見。函館市民御用達のハンバーガーショップです。
チャイニーズチキンバーガー、ポテトフライ、ウーロン茶のセットをいただきました。702円。チャイニーズチキンバーガーは、平たく言うと鶏の唐揚げバーガーです。ポテトフライはマグカップで提供されて、ミートソースとチーズがトッピングされていました。いずれもクセになりそうな美味しさでした。
満足して十字街から松風町まで市電で帰りました。この市電行き先によっては終電が22時前なので東京と同じ感覚でいると大変なことになります。
ホテルに戻って熟睡しました。

【2日目】7月13日(木)
ホテルで朝食。サバの味噌煮、ウインナ、納豆、海苔などの和朝食。7月の観光シーズンなのに朝食付きで5000円でお釣りがきました。

函館駅近くの青函連絡船記念館摩周丸を見学。昨日購入した1日乗車券を提示すると入館料が500円→450円。かつて青函航路を就航していた摩周丸がそのまま記念館になっています。一部座席が保存されていて座ることもできます。青函連絡船の資料展示だけではなく、懐かしの映像資料をグリーン座席に座って見ることができるので、あっという間に時間が経っていきます。 私は大学生の時に宇高連絡船には乗ったことがありますが、青函連絡船には乗ったことがありません。3時間50分で青森と函館を結んでいた航路。最近愛用している太平洋フェリーの船よりも一回り小さいことを知りました。
青函連絡船 摩周丸 長さ132m 幅18m 12800馬力 旅客定員1200人
太平洋フェリー きそ 長さ199m 幅27m 32200馬力 旅客定員768人

昼食は、昨日定休日だった十字街近くの印度カレー小いけ本店へ。3代続く老舗のカレーショップ。トンテキカレーとアイスコーヒーをいただきました。スパイシーで濃厚なカレー。美味しかったです。他にもいろいろメニューがあったのでまた行ってみたいお店。1230円が1日乗車券割引で1107円になりました。

市内電車に乗って湯の川温泉へ。この日の宿は湯の川温泉観光ホテル祥苑。yahooトラベルで朝食付き入湯税込で5334円でしたが500円割引クーポンが利用できて、期間限定ポイントを消費したので支払いは4800円でした。
お部屋おまかせプランでしたが、キングサイズのベッド2台と8畳和室という広々とした和洋室の角部屋。窓から海が見えました。

露天風呂もある大浴場でくつろいでから、徒歩数分のイオンまで夕食のお買い物に行きました。
ホテルの目の前の一文字というおすすめとのことでしたが、次回にとっておきましょう。

深夜1時まで大浴場が使えたので、温泉三昧でした。

【3日目】7月14日(金)
朝5時から温泉に入れますが、早起きできなかったので7時過ぎに入りました。朝食はビュッフェスタイル。クオリティーはさほど高くはありませんが、品数はいろいろありました。お値段がお値段ですから贅沢は言えません。
10時まで大浴場が使えるので、ほぼ貸し切り状態で再度温泉です。チェックアウト12時なので旅先からの便りを書きました。

歩いて5分ほどの郵便局で用事を済ませて、歩いていると地元民御用達の中華料理店を発見。あんかけ焼きそばが売りのようですが、函館は塩ラーメンということで塩ラーメンをいただきました。700円。正直言って少し期待外れでした。ここはあんかけ焼きそばが正解だったようです。

お昼ご飯を済ませたら、歩いて10分弱の函館市熱帯植物園へ。超穴場スポット。入園料300円。なぜかニホンザルが80頭ほど飼育されています。東京の夢の島熱帯植物園と比較すると何かと見劣りしますが、水の広場があって、30℃を超える中、子供たちが水遊びに興じていました。
足湯があったので入ってみました。のんびりと過ごせる昭和の植物園。ここでも旅の便りを書いていました。

植物園で3時間ほど過ごしてからイオンでお土産を購入して、お散歩がてら川べりの道を20分ほど歩きました。

目的地はラッキーピエロ戸倉店。ガッツリとんかつでも食べようと心して入店。カウンターでいざ注文という時に、店員さんからひとこと。
「今日は焼きそば2割引き、シェイク半額です。」
ということで、とんかつ焼きそばとブルーベリーシェイクをいただきました。634円。
シェイクの説明は不要でしょうが、とんかつ焼きそばは、熱々の鉄板の上に盛られた焼きそばの上にとんかつがトッピングされています。質も量も満足の一品でした。

飛行機の時間まで少し早いですが、特にすることもないので空港へ。地図で見ると歩ける距離なので歩いてみました。20分そこそこで函館空港に着きました。

3連休前の金曜日の夜。そこそこ込み合っています、JALもANAも同時刻の19時35分東京羽田行き。これが最終便になります。
空港ロビーにアイヌに関する無料の小冊子が置いてあったのでいただいて読んでみました。9月に白老のアイヌ民族博物館を訪問予定です。

充実した2泊3日の函館旅行でした。
JALのどこかにマイル。またチャレンジしてみます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お座敷列車の旅 [旅行]

3月26日(日)、畑仕事をしている居酒屋&BAR主催のお座敷列車の旅のお手伝いをしてきました。

9時10分頃新宿駅6番線に6両編成の列車が入線。4号車がバーカウンター付きの展望車。その他はお座敷車両。私はバーカウンターでお酒や軽食の販売担当。130人のお客様が乗車する前に商品類の運び込み。
9時17分に出発。参加者には行き先をお知らせしていないミステリーツアー。氷を冷凍庫に、ビールや缶チューハイなどを冷蔵庫に。日本酒の一升瓶を6本カウンターの上に並べます。プラスチックカップを用意して、一部の食材を電子レンジで温めて開店準備完了。9時40分くらいから営業を始めました。
参加者にはそこそこ立派なお弁当と缶ビールが配られていますが、日本酒好きのお客様が早速ご来店。90ml500円でそれなりに売れていきます。揺れる中、一升瓶から小さなカップに注ぐのは簡単ではありませんが、今回で2回目なので少し慣れてきました。
出発1時間後に行き先発表。私は事前に知らされていますが、今回の目的地は新潟県の六日町駅。
片道4時間30分の長旅です。到着10分前まで営業していました。

六日町駅ではオプションが2つ用意されていて、私は温泉旅館での宴会の案内係。温泉の利用案内、追加飲み物の案内、帰りのバスの集合時間などなど。2時間でしたが、野菜中心の和食ビュッフェと何よりも魚沼のごはんで参加された方々ご満悦でした。乾杯ビール付きで3500円。温泉料金込みです。

六日町駅に戻って16時50分に出発。帰りも4時間30分。到着40分前まで営業しました。長旅で小腹が空いてくるお客様もいらしてカレーがそこそこ売れました。居酒屋のキッチンでしっかり煮込んだミャンマーカレー。紙容器にご飯とカレーを盛ってレンジでチンです。
21時12分新宿駅到着。

ワインやシャンパンのボトルも少し売れてこの日の売り上げは8万円余りでした。個人的には目標10万円でしたから少し残念。

残ったお酒などを居酒屋へ運びます。ここで2次会を開催。参加者は25人ほど。私はお役御免でお客様と一緒に飲んで食べてほっと一息でした。

参加された方々十分満足していただけたようですし、私も楽しめました。
来年もあるとよいのですが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

高速バス&フェリーの旅 [旅行]

【1日目】2月20日
バスタ新宿9時発の高速バスで名古屋へ。14時40分くらいに着きました。
ドトールで簡単な昼食を済ませて、デパ地下で夕食を購入してから市バスを乗り継いでフェリーターミナルへ。SUICAでは乗継割引にならないので、普段は使わない母の形見のmanacaにチャージして使いました。
オフシーズンで名古屋からの苫小牧行は3日に1便の運航。受付カウンターも閑散としていました。定員700名以上の船にこの日は60人そこそこの乗客のようです。
17時30分に乗船開始。この日は普段仙台⇔苫小牧を運航している「きたかみ」。仙台⇔苫小牧は夜間航行主体の15時間なのでいつもは2等和室かB寝台。今回は昼間も含めた21時間40分ということで特等船室です。
「新いしかり」と「きそ」の特等船室は利用したことがありますが、「きたかみ」の特等船室は、設備はほぼ同じで、ソファーの向きが進行方向と直角になっているのが違います。

朝食抜きでお昼も軽かったので早めの夕食を船室で。お湯を沸かしてお茶をいれて秋刀魚の押寿司をいただきました。
19時出港。サウナ付きの大浴場でさっぱりしてから部屋でテレビを見ながらのんびりまったりしていました。
20時にライブショー。この日は民謡で津軽三味線と沖縄の三線の演奏を聴きました。以前にもフェリーで聞いたことがあります。
21時に部屋に戻って5年日記帳のまとめ書きをしていました。この日は風が強くて海も荒れ模様。夜22時で大浴場も閉鎖されてしまいました。 船酔いはしないタイプなので大丈夫ですが、よく揺れるので眠くなってしまいました。

【2日目】2月21日
朝6時に目が覚めました。せっかくなのでデッキに出て日の出を見ようとしたら、強風のため出られません。仕方がないので船内から6時20分の日の出を待ちます。東の水平線上に少し雲があったので6時23分に太陽が見えました。
7時過ぎに大浴場再開の案内放送。展望室でカップ麺の朝食を済ませてから大浴場へ。
9時から船内テレビで映画「のようなもの。のようなもの。」という変なタイトルの映画を見ました。松山ケンイチがまだ前座の噺家を演じていました。新宿末廣亭での鏡味仙三郎社中の太神楽も登場していました。落語が絡むとなんとなくしっくりしてしまう私です。
11時30分に気分転換で大浴場へ。テレビで東京株式市場の前場を確認して12時30分にレストランへ。バイキング形式ドリンクバー付きで800円。以前と比べてレベルダウンしたような気がしました。
16時20分の仙台港着まで特に何をするというわけでもなく部屋でまったりしていました。

仙台港に着いたら雪が舞っていてめちゃくちゃ寒かった。JR仙石線中野栄駅まで歩いて仙台駅へ移動。18時前にホテルにチェックイン。部屋が暖かくてほっとしました。
19時過ぎに晩ごはんのために外出。幸楽苑の株主優待券を使いたかったのでイオン仙台店のフードコートへ。味噌ラーメンと餃子をいただきました。
食料品売場でフルーツとかヨーグルトとか買ってホテルに戻ります。
手紙を1通書きかけたところで眠りに落ちました。

【3日目】2月22日
7時に目が覚めました。手紙を書きあげて、8時過ぎにホテル1階で朝食。パンとゆで卵とフルーツと紅茶。
10時45分にチェックアウトして、イオン8階のビッグボーイへ。仙台在住の友人とランチしました。いくら時間があっても話したりないのですが、この日は高速バスの時間の都合で70分だけ。

12時30分発の高速バスでバスタ新宿へ。途中の安達太良サービスエリアで東北お土産を買いました。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ご無沙汰していました [旅行]

きちんとした旅の報告をすると時間がかかるので先延ばしに…

12月からの旅行報告4件をそれなりにまとめたら、保存時トラブルですべて消えてしまいました。
ついていない時はこんなものです。

気を取り直して日程報告だけ。

①12月2~3日
 南房総フリー乗車券で白浜温泉のホテルでカニ食べ放題プラン。
②12月21~24日
 青春18きっぷで山陰本線全線。東京→鳥取→小倉→西明石→東京
 島根県益田駅前の豊味軒というレトロな中華料理店の鹵麺(あんかけそば)が美味でした。
⓷1月5~6日
 南房総フリー乗車券で岩井温泉。キッチン付きのコンドミニアムホテルでしたから、近海捕鯨基地の和田浦の道の駅で鯨肉を買ってステーキにしました。
④1月10~12日
 青春18きっぷ&フェリー&高速バスで東京→仙台→名古屋→東京。仙台では牛タンシチュー、名古屋では味噌煮込みうどんを食べてきました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

太平洋フェリー&高速バスの旅 [旅行]

今年5回目のフェリーの旅、ブログでは全てを紹介できていませんが、10月14日(金)~18日(火)のご報告。

【1日目】10月14日(金)
バスタ新宿7:30発のWillerの高速バスで名古屋へ向かいます。途中2回サービスエリアで休憩、飲み物や軽食を購入しました。定刻の13時に名古屋到着。40年来の友人とランチしました。
デパ地下で夕食用に炙り秋刀魚の押し寿司・焼売・ポテトサラダとか買ってから、あおなみ線に乗って野跡駅まで。ここからフェリーターミナルまで市バスもありますが、私はいつも30分弱かけて歩くことにしています。キャリーを引きながら海岸沿いに歩いていると釣り人が何人か。気になったので声をかけてみました。「何が釣れるのですか?」「ハゼ」「大きさは?」「これくらい(15cmほど)」10尾くらい釣れたのをみせてもらいました。てんぷらにしたらおいしそうでした。
フェリーターミナルには16:20頃に到着。乗船手続き開始まで10分ほど列に並んで待ちます。5番目くらいでしょうか、ネットで事前に船室も予約していたのですぐに手続き完了。今回は豪華に特等船室です。1時間ほど待合室でテレビを見たり、友人に葉書を書いたりしていました。船旅を体験するツアーの年配客が2グループ30人ほど。出港は19時ですから、一般客は18時過ぎに来る人が多そうです。
17時30分乗船開始。この日乗るのは「きそ」。太平洋フェリーが運航している「いしかり」「きそ」「きたかみ」の3船の中では2番目に新しい船。「いしかり」の特等船室は2度体験していますが、「きそ」は初めて。ソファー付きのツインルーム。バスタブ・トイレ・冷蔵庫・湯沸かしポット・テレビと設備はほぼ同じですが、テレビ画面が「いしかり」と比べて小さいですが、窓があって外の景色も眺められますし、快適です。
飲み物や食材を冷蔵庫に収納して、荷物の整理をしたらすぐに大浴室へ。乗船後すぐに利用できます。「いしかり」にはないサウナがあるのが「きそ」の特長です。さっぱりしたら、夕食タイム。ポテトサラダと焼売は完食しましたが、炙り秋刀魚寿司は量が多かったので朝食用に残すことにしました。船内レストランもあります。18時~20時までの営業でビュッフェスタイル食べ放題ドリンクバー付きで2000円。ファミレスと比べてもコスパは上々ですが、いつも同じようなメニューなので何回も乗っていると飽きてしまいます。軽食スタンドもあって、カレーライス・パスタ・うどんなどで済ますことも可能です。
19時に出航。間もなく高速道路の橋をくぐります。高さがぎりぎりなのでデッキに出て見るのも一興ですが、この日は体調がいまひとつで、何度も見ていますから部屋で休んでいました。前回、8月26日は知多半島での花火大会。船上から見る花火が風流でした。
20時からライブコンサートが始まります。20くらいのメンバーが交代で乗船しているようですが、この日はピアノとエレクトーンのアンサンブル。私にとっては2回目になります。クラシックから歌謡曲まで幅広い演奏を約1時間。ライブはやはりいいものです。
9時半から映画【わたしを離さないで】がありましたが、気乗りしなかったので、パス。船室のテレビでも2作品を並行上映していますが、以前に見たことのあるものでした。
この日は体調不良で、感覚過敏。船室の些細な音が大きな軋みに聞こえ、エンジンの振動が地震のよう。いつもなら手紙や葉書を数通書き上げるのにこの日はテレビを見ながらぼーっとしていました。

【2日目】10月15日(土)
7時30分のレストランの朝食営業の放送で起きます。大浴場へ行って目を覚ましてから昨夜の残りの炙り秋刀魚寿司で朝ごはん。持参したパスタ入りカップスープも。
9時30分から映画【理系の人々】。正しくは映画ではなく、ドラマのDVD。IT企業のシステムエンジニアと大学研究室の院生という二つの場面設定での小話が40話ほど。私も一応理系なので、大学研究室編はあるあるでした。
映画が終わると間もなく12時。レストランの昼食営業の時間。いつもなら昼食だけはレストランで食べるのですが、14時に焼き立てパンの販売があることを思い出してパスして手紙を書いていました。13時30分から映画上映もありますが、パンを買うのでパスしました。
14時にハム&チーズのデニッシュとシュークリームを購入。各200円。船室でお湯を沸かして持ってきたドリップコーヒーを入れて昼食にしました。
14時30分頃苫小牧発名古屋行きの「いしかり」とすれ違うのでデッキに出て見学。船旅を実感できます。
14時45分からピアノラウンジでミニコンサート。ピアノ演奏とピアニカとのアンサンブル。30分くらいで終了。
仙台港入港30分前の16時10分までは大浴場が使えるので、お風呂で気分転換。
16時40分に仙台港入港。一時上陸の手続きを済ませてあるので、一旦下船します。15分ほど歩いて幸楽苑で店舗限定の野菜たっぷり味噌ラーメンをいただきました。幸楽苑のすぐ近くにイオンがあるので、夜食と翌日の朝食と飲み物を購入。
18時50分に再乗船。船室で缶チューハイ飲みながらまったりしていました。
19時40分出港。20時30分からライブコンサート。出演者は昨日と同じですが、曲目は変更されていました。前回も聴きましたが、エレクトーンのオーケストラ伴奏によるピアノ協奏曲はなかなかです。22時からの映画は見たことがあったのでパス。
この日は満月でしたから、デッキに出てお月見をしていました。街中と違って街灯とかありませんから、月影がくっきり。満月の明るさに驚かされました。

3日目以降はのちほど。



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

南房総B級グルメ&温泉の旅 [旅行]

4月27日・28日、1泊2日で南房総へ旅してきました。

【1日目】4月27日(水)
早朝5時前に自宅を出て、方南町5時発の中野坂上行きに乗車。中野坂上と大手町で乗り換えて西船橋に6時13分に着きました。
いつもと同じくここから南房総フリー乗車券を使います。
6時16分発総武線各駅停車で千葉まで。6時39分に着いて6時58分発内房線館山行を待ちます。通勤通学客で混み合いますが、10分前から並んでいれば座ることができます。
1時間半ほど乗車して8時24分、保田駅にて下車。歩いて15分ほどの保田漁港へ。漁協直営のばんやの湯がこの日の第一目的地。火曜日定休24時間営業の入浴施設。天然温泉ではありませんが、ぬるま湯の高濃度炭酸ガス泉で、長湯ができます。570円ですが、6枚綴りの回数券を買うと1回500円弱になります。前回購入しておきました。
ばんやの湯HP:http://www.banya-grp.jp/bath/
平日の9時前からお風呂三昧。しかも貸切状態。至福のひと時を過ごしました。これまではやや高温の枇杷の葉湯がありましたが、普通のお風呂になっていたのが少し残念でした。枇杷の葉が品切れしたのでしょうか?1時間余り滞在して保田駅に10時過ぎに戻りました。晴れていると駅までの道すがら東京湾越しに富士山が見えますが、この日は生憎の曇り空。
保田駅10時34分の館山行に乗車して館山に10時55分着。徒歩2分ほどの館山食堂へ。少し早めのお昼ごはんにします。ランチタイム限定の海鮮丼500円をいただきました。乗っているお魚はその日によって違います。この日は、鮪・鰤・白身魚と蛸でした。美味しいですし、コストパフォーマンス上々です。ガッツリ食べたい方は700円の日替わり定食をお勧めします。

野島崎のホテルのチェックイン時間まで少し時間があるので館山⇔安房鴨川を往復して景色を楽しむことにします。南房総フリー乗車券で乗れる日東バス安房鴨川行きがちょうど出発したところ。片道バス、片道内房線がベストですがやむなし。12時10分発の安房鴨川行に乗りました。曇り空だと海も灰色で景色もいまひとつ。前の日ほとんど寝ていないのでお昼寝タイムになってしまいました。12時52分安房鴨川着。安房鴨川のイオンで温泉上り用の炭酸飲料を買って、13時13分発の館山行に乗車。館山に13時56分着。
館山駅14時15分発のJRバスに乗って35分野島崎灯台口バス停で下車。この日の宿・ホテル南海莊はバス停から歩いて5分ほど。天気予報は雨でしたが何とかもっています。チェックインを済ませて8階の部屋へ。全室オーシャンビューで夜は白い野島崎灯台がライトアップされてきれいです。
早速温泉へ。ここはナトリウム泉でわずかに塩味があります。お風呂上りにウェルカムドリンクサービスのコーヒーをロビーでいただきました。
まだ雨が降っていなかったので、徒歩10分ほどの道の駅野島崎へ。コンパクトな道の駅ですが、道の駅スタンプは置いてありますし、地元野菜の販売もしています。葉書と便箋にスタンプを押して、新玉葱とレモンを買いました。各100円。新玉葱は水にさらすことなく生食で美味しくいただけますし、レモンは香りも味も豊か。よい買い物ができました。帰り道は海岸の遊歩道を歩いてみました。磯の香りが心地よかったです。
ホテルに戻ってお便りタイム。この旅では葉書と手紙を3通づつ書きました。夕食前の18時30分に2度目の温泉。18時から夕食が始まっているので誰もいませんでした。
19時少し前に夕食会場へ。この日は空いているということで18時~21時の間、時間制限なしの食べ放題。お刺身・なめろう・網焼き(蛤・栄螺)・野菜サラダ・天ぷら・回鍋肉・シチューなどなど和洋中たくさんの種類が並んでいました。デザート・コーヒーまでしっかりいただきました。
食べ過ぎたので部屋に戻って一休みしていました。灯台がライトアップされていてきれいです。
23時過ぎに3回目の温泉。この時間から2つある温泉が男女入替になります。お風呂上りに手紙を書いて早めにお休みしました。風雨が強くなっています。

【2日目】4月28日(木)
7時前に目が覚めました。窓の外を見ると雨が降っています。とりあえず4回目の温泉へ。朝からゆったりのんびり。ここは夜通し温泉に入れますが、熟睡していましたから夜中の温泉は今回はパス。
7時半に朝食会場へ。牛乳・野菜サラダ・テーブルで網焼きする鯵の干物・卵焼き・煮物・鮪お刺身・大根おろし・ちりめんじゃこ・納豆・焼海苔・オーダー式オムレツなどなど。最初に卵かけごはん。お替わりはおかゆといういつものパターン。食後のコーヒーもしっかりいただきました。
9時半まで温泉に入れるので、朝食後に5回目の温泉タイム。さすがにこの時間は空いています。

10時にチェックアウト。野島崎灯台口バス停10時12分発のJRバスで館山駅へ向かいます。お天気がよければ、途中下車して日帰り湯を巡りますが、雨天で断念。館山駅に10時50分に着きました。11時10分発の安房鴨川行に乗って11時37分に和田浦駅で下車。徒歩数分の道の駅和田浦へ。和田浦は鯨漁の町。道の駅にはシロナガスクジラの骨格標本が展示されています。冷凍肉・缶詰・佃煮などのお惣菜などなど鯨関連商品が並びます。イワシクジラとツチクジラの赤身お刺身と根室産ミンククジラのお刺身用皮と冷凍品を3つ買いました。
お昼ごはんは道の駅のレストランのコスパがいまひとつでしたから、和田浦駅からの道すがら気になったお店にチャレンジ。どんなお店かよく判らないのですが、お店の外側に朝定食380円・昼定食500円と張り紙がしてありました。思い切って引き戸を開けると、コの字型のカウンター。典型的な居酒屋の造りです。女将さんが少し驚いた表情で登場。今日のメニューはあそこに…と黒板を見ると、生姜焼き・焼肉丼・から揚げ・鰯フライ・鯖塩焼き・サンマ開きの6種類。房総に来たなら地魚でしょう。ということで鰯フライをお願いしました。冷蔵庫から食材を出して、油に入れて揚げるのかなと見ていると、卵を割っています。そう、注文があってから鰯を捌いて衣をつけて揚げるという完全作りたてシステム。4尾の鰯がドーンとお皿に乗って登場です。鮃の煮付と筍とわかめの煮物も出てきました。漬物盛り合せとご飯とお味噌汁。ごはん・味噌汁・漬物はお替わり自由とのこと。私には十二分なボリュームですからその必要はありませんけど。これで500円というのは申し訳ない気がしました。
冷凍品を携えているのでなるべく早く帰ろうと和田浦駅へ。安房鴨川行きと館山行きが同時刻でしたから、駅員さんにどちらが千葉に先に着きますか?と尋ねたら、安房鴨川から外房線経由の方が早いとのこと。和田浦→安房鴨川→千葉→西船橋と乗り継いで、西船橋から東京メトロで帰宅しました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

沖縄行ってきました [旅行]

JALのウルトラ先得で片道8990円でしたから2泊3日で沖縄へ旅してきました。1月に続いて今年2回目。これまでに那覇だけでも75回訪れているので、あれが見たいとかここへ行きたいということはなく、安食堂を見つけて沖縄B級グルメを食するのが最近の楽しみです。
1日目【4月14日】
羽田14時55分発なのでゆっくりと自宅を出ます。品川まで山手線、品川からは京急(事前に金券ショップで時差券を購入しておきました)で羽田空港へ。あれこれ沖縄食材を買い付けるつもりなのでほぼ空のキャリーケースを預けて、JALラウンジで出発の時間まで過ごします。ビールも無料で飲めますが、最近は羽田のラウンジでビールを飲むことはめったにありません。トマトジュースと牛乳という健康的な過ごし方。
定刻に出発、機内ではいつも通りJAL名人会で落語を聴きます。演目は火事息子でした。CAにお願いしてJALの絵葉書を4枚ほどいただきました。5分遅れの17時40分に着陸。さすがに南国暖か。気温25℃ほど。予約したホテルには空港まではモノレールよりバスが便利とのことなので、ネットでバスの時刻表を調べておきました。那覇空港17時55分発か18時25分発。さすがに10分そこそこで預けたキャリーは出てこないよね…とあきらめていたら10分足らずでターンテーブルに出てきました。JALグローバルクラブの優先荷物。さすがです。17時55分発のバスに乗れました。25分ほどで若松入口バス停着。国道を渡った反対側にあるホテルエアウェイがこの日の宿。楽天トラベルで朝食付き4200円。チェックインを済ませたら、食べログで調べておいた徒歩5分ほどのハイウェイ食堂へ。国道沿いにある24時間営業のレストラン。Aランチはボリュームが多くて男性でも完食困難との書き込みがあったので、Bランチ780円をお願いしました。自動販売機による食券制です。一般的に沖縄では〇ランチはランチタイム限定ではありません。〇定食という意味合いに近いです。Bランチの内容ですが、最初にポタージュ風のスープが出てきてきます。しばらく経って、とんかつ・海老フライ・天ぷら(魚・茄子・人参・いんげん)・マカロニサラダ・刻みキャベツとラグビーボール型の大盛ライスがワンプレートで登場。ボリューム多いうえに揚げ物主体なのでなかなかハードでした。
食後のお散歩もかねて歩いて国際通りへお出かけします。牧志公設市場の近くにある足もみHIPSへ。2年ほど前に見つけたマッサージのお店。この日は30分の足裏マッサージをお願いしました。

足取りが軽くなったところでマックスバリュ牧志店へ。24時間スーパーでイオンの株主優待も使えます。この日はオリオンビールとおつまみに値引きされた沖縄お惣菜を購入。しりしり人参(50円)と椎茸煮物(40円)。よく訪れている富士家のぜんざい(かき氷金時のようなもの)も気になりますが、この日は自重しました。
ホテルでくつろいでいたら、熊本地震のニュース。気になって深夜までテレビを見ていました。

2日目【4月15日】
朝食はホテル2階でバイキングスタイル。窓際のカウンター席で外を見ながらいただきます。焼魚(鮭)・ポーク(ランチョンミート)・卵焼き・サラダ(沖縄はキャベツ主体です)・野菜炒め・納豆・焼海苔で卵かけごはんとお味噌汁。
10時前にチェックアウトしてパレット久茂地隣りにある献血センターへ。ちょうど60回目の献血になります。
お昼前にモノレール県庁前駅で購入から24時間有効の一日乗車券を購入。小禄にあるイオンでお土産の下見をしました。株主優待カードで利用できるイオンラウンジで休憩。
モノレールで牧志に戻って公設市場近くの沖縄そばのお店「田舎」へ。ソーキそば390円をいただきました。出汁が少し塩辛いですが、トッピングのソーキ(豚あばら肉)は絶品。15年近く通っています。
昼食を終えて昨日予約しておいた足もみHIPSへ。この日は足裏と全身マッサージの60分コースをお願いしました。随分とリフレッシュできました。
近くで黒糖ぜんざい200円のお店を発見。お財布を見ると細かいお金がありません。1万円札では申し訳ないと思い、牧志の郵便局で1000円札で引き出します。往復15分ほどかかりましたが、些細なことも気にかける私。沖縄のぜんざいはホットとアイスがあってアイスが基本。この日は半袖の陽気、アイスをいただきました。近くの八百屋さんで、青パパイヤ・島らっきょう・黄人参・ハヤト瓜を買いました。
2日目の宿は沖縄オリエンタルホテル。昨日のホテルからは数百メートル。泊港の近く。朝食付きで3500円。5階建ての古いホテルですが、フロントの対応はとっても親切でした。
少し休んでからおでかけ。イオンとマックスバリュでランチョンミートや沖縄そば乾麺や鰹削り節などの沖縄食材や泡盛を購入しました。そのまま夕食へ。昨夜に続いてこの日もハイウェイ食堂。昨日のホテルエアウェイと今日の沖縄オリエンタルホテルのちょうど中間にあります。1100円のステーキにしました。サーロインとリブロースがありますがサーロインを選択。200gのステーキとスープとミニサラダとライス。付け合わせはポテトフライ・玉ねぎとミックスベジタブル。高価なステーキハウスに行かなくても美味しいステーキは食べられます。
ホテルに戻って地震のニュースを見ていました。

3日目【4月16日】
朝食は地下で。鯖の味噌煮・こんにゃくと野菜の炒め煮・焼き海苔・漬物とご飯とお味噌汁。コーヒーもいただきました。
9時過ぎにチェックアウトしてモノレールで空港へ向かいます。11時40分のJALですが先にチェックインして沖縄食材がぎっしり詰まったキャリーケースを預けて身軽になります。空港からモノレールで2駅のイオンで最終のお土産チェック。買ったのは…沖縄そばの生麺400gを3種類。機内で食べる昼食用のポーク卵おにぎり。JALラウンジでいただく予定の泡盛を割る炭酸水とおつまみのかまぼこ。
那覇空港に戻ってJALラウンジへ。ビールも置いてありますが、この日は泡盛を持参した炭酸水で割っていただきました。イオンで買ったチーズ入りかまぼこも美味しかったです。

JALの機内でポーク卵おにぎりをいただいて、絵葉書を書いていると定刻に羽田空港着。京急・山手線・丸ノ内線を乗り継いで帰宅しました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

青春18きっぷ 東京→広島→博多 [旅行]

3月30日~4月2日、青春18きっぷを使って東京⇔博多往復してきました。

【1日目】3月30日
中野駅4時25分発の東京行きが旅のスタート。中央線の大久保で降りて山手線の新大久保まで5分ほど歩きます。別に新宿駅で乗り換えればよいだけのことなんですけど。品川5時10分発小田原行きに乗換えて終点の小田原で先行する平塚始発の熱海行きに接続。熱海に6時45分着。熱海6時49分発の浜松行きに乗換えて浜松に9時19分着。9時23分発の豊橋行きに乗換えました。豊橋に9時56分。
豊橋10時03分発快速大垣行き。ここからクロスシートの車両で乗り心地がよくなります。大垣11時31分着。11時42分発の米原行きに乗換え。米原に12時17分着。米原12時20分発新快速姫路行きで姫路に14時47分着。何も食べていなかったので姫路駅ホームの駅そばでお昼ごはん。タイムサービスで天ぷらそばときつねそばが割引になっていました。天ぷらそばを選択。結果失敗。麺は美味しいのですが、天ぷらがいけません。ほぼ揚げかす。きつねをおすすめします。
姫路15時03分発の播州赤穂行に乗換えて相生駅に15時22分着。相生15時25分発の糸崎行に乗換えます。糸崎駅に18時01分着。糸崎18時10分発の広島行に乗換えです。
時刻表の上では青春18きっぷ1回分で小倉駅まで行くことが可能ですが、リスク回避も必要なので広島までと決めています。この日も広島のホテルを予約済。一つ手前の天神川駅に19時24分着。徒歩数分のイオンモールへ。フードコートが充実しているのでここで夕食にします。株主優待券があるのでいきなりステーキにしました。街中の店舗は原則立ち食いですが、フードコートですから落ち着いて座って食事ができます。200g強のステーキとサラダとごはんで夕食にしました。2200円くらいで美味しいステーキをいただきました。1000円の株主優待券2枚使いました。
天神川駅に戻って広島駅まで一駅乗車。21時過ぎにホテルにチェックインしました。
この日は13本の電車を乗り継いて東京→広島を移動しました。

時刻表を見ていて気付いたのですが、今回のダイヤ改正で岡山発16時17分発下関行という長距離普通列車が復活しました。名古屋→東京間に相当する363kmを7時間33分かけて走ります。

【2日目】3月31日
朝ごはんはホテルで和定食。焼魚・漬物・納豆・卵かけごはんとお味噌汁。広島8時21分発の岩国行きに乗車。岩国に9時14分着。コーヒーでも飲もうと駅前のアンデルセンに立ち寄りました。
9時43分発の岩徳線徳山行きに乗車。ディーゼルカーが走るローカル線ですが、元々山陽本線だったので立派な駅舎と長大なプラットホームがあったりします。1時間14分かけて10時57分に徳山駅着。ローカル線の割には乗客が多い岩徳線でした。
徳山11時16分発の下関行に乗車。下関13時09分着。13時12分発小倉行きに乗換えて小倉に13時25分に着きました。この日が有効期限のマクドナルドの株主優待券が残っていたのでポテトフライとオレンジジュースで休憩。電車の中で書いた葉書の切手を買おうと駅の案内所で郵便局の場所を尋ねてすぐ近くの郵便局へ。たまたま株主優待券が使えるリンガーハットを見つけたのでお昼ごはんに皿うどんをいただきました。
小倉14時32分発の快速荒尾行きに乗車して博多を目指します。途中の折尾駅で特急列車待ち合わせのために数分停車。なんと懐かしい「弁当!弁当ーっ!」の呼び声と共に駅弁の立ち売りのおじさんがホームを回っていました。折尾駅には以前、東築軒の駅弁の立ち売りおじさんがいて引退したと聞いていましたが後継者が登場したようです。お昼ごはん食べたばかりでしたので残念。帰りに買うこととします。
博多駅15時43分着。東京から2日かけて青春18きっぷで博多まで来れました。この日は〇〇回目の誕生日。楽天トラベルでバースデー割引1500円のホテルを見つけて予約しておきました。

会社員時代の先輩と博多駅で待合せ。11年ぶりの再会。駅近くのとんかつとお刺身がおすすめの居酒屋で昔話に花を咲かせました。

【3日目】4月1日
ホテルで朝ごはん。博多名物辛子明太子もありました。
博多8時49分発快速小倉行きに乗車。途中折尾駅に9時42分。ここで途中下車。目的は東築軒の駅弁立ち売りおじさん。10時前だからいるかなぁ…とホームを探してみたら前方におじさん発見。早速かしわめし(小)670円を買い求めました。すぐに反対側に停まっていた門司港行きの普通電車に乗り込みます。門司駅に10時21分着。同刻発の下関行に乗換えて10時28分に下関に着きました。
10時32分発新山口行きに乗車します。車内でかしわめしをいただきました。少し甘めの鶏出汁がしっかりついたかしわめし。懐かしい味です。新山口に11時39分着。11時59分発岩国行きに乗換えて14時03分着。岩国14時10分発の白市行きに乗換えて15時02分に広島駅に着きました。駅近くのホテルにチェックイン。
この日の夕食は大学の同級生宅。夕刻広島駅まで迎えに来ていただきました。同級生宅ではワンちゃん2匹と遊んだりして楽しく過ごしました。今が旬の小鰯のお刺身が絶品でした。

【4日目】4月2日
ホテル1階のおしゃれなカフェで朝ごはん。サンドイッチとジュースとヨーグルトとコーヒー。
広島7時45分発の糸崎行に乗車。終点一つ前の三原に8時59分着。三原9時11分発の和気行きに乗換えて岡山に10時45分に着きました。山陽本線経由では和気から先の接続がないので、赤穂線10時56分発播州赤穂行に乗車。播州赤穂12時08分着。播州赤穂12時09分発の姫路行きに乗換えて姫路に12時41分に着きました。山陽本線経由と同じ電車ですが赤穂線経由で播州赤穂から乗ると座りやすいですね。姫路から12時42分発の新快速野洲行き。野洲に14時43分着。14時44分発の米原行きに乗換えて米原に15時19分に着きました。次の米原行き新快速より少し早く着くので米原での乗換えが楽で確実に座れます。米原15時30分発の大垣行きに乗換えて大垣に16時02分着。大垣から16時11分発新快速豊橋行きに乗って17時40分に豊橋着。豊橋17時42分発の浜松行きに乗車。浜松18時15分着。浜松18時26分発興津行に乗換えて静岡19時38分着。お腹もすいてきたので駅ビルのお寿司屋さんで割引になったお寿司を買い求めました。
静岡20時02分発の熱海行きに乗車。熱海21時22分着です。熱海21時27分の快速東京行きに乗車。新宿湘南ライナーの接続が悪かったので品川22時54分着。山手線で新宿へ向かいました。

東京⇔博多 青春18きっぷ4回分。金券ショップで11,500円で購入したので実質9200円でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

武者小路実篤記念館&神代植物園&府中市美術館 [旅行]

東京ミュージアムぐるっとパスを使っての日帰り旅。3月26日(土)は京王線沿線です。

笹塚まで歩いて20分ほど。10年以上前は週に2日は歩いていたのに、最近は時々道を間違えて迷ってしまいます。建て替えが多くて、10年前と今とでは景色が変わっているところが多いからでしょう。

仙川まで京王線で移動して武者小路実篤記念館を目指します。仙川駅からだと併設の記念公園の方が手前になるので、公園内を散策。ニジマスの池に鴨が2羽浮かんでいました。池の端に座ってぼんやり眺めていると近くからガサゴソ音がします。鳩が落ち葉の中から餌を探している音でした。野鳥の鳴き声やニジマスが水面で跳ねる音は自然の音。公園の外を通る車や、空の飛行機の音は人工の音。いろいろな音が混在する不思議な空間でした。

記念館に移動します。以前に一度訪れたことがありますが、忘れてしまったことがほとんど。改めて年表を確認すると、志賀直哉と同級生であったことがわかりました。武者小路実篤は作家ですが、南瓜の絵が有名です。コンパクトな展示室を見た後、資料室で画面を使っておさらい。昭和19年の「野菜讃」が気になりました。日ごろ畑仕事のお手伝いをしていますから。資料室の女性に「野菜讃」ば置いてありますか? と尋ねたら全集がありますからと探し出してくれました。
武者小路実篤は瓜が好きだったようです。

武者小路実篤の本の装丁を手掛けていたのが岸田劉生。一流の作家には一流の画家がつくのですね。

つつじヶ丘駅まで歩いて、バスで神代植物園へ。バラが有名なようですが、梅・桜・椿などなど各々数多くの種類が植えられています。早咲きの石楠花がきれい。椿も接写してみるとなかなか美しい。見直しました。この日は竹と笹をじっくりと観察しました。間もなく筍堀りの時期ですし…
竹と笹の違いですが、いくつかあるうちの一番わかりやすいのが「皮が竹は生育後に幹(稈)から落下するが、笹は生育後も着生している」こと。ササという名の竹やタケという名の笹もあるので要注意。
桜の種類が多く満開になっているものもあり少し早いお花見を楽しみました。名物のバラソフトクリームをいただきました。

調布駅まで歩く途中、ビッグボーイでランチ。ここはゼンショーとココスの株主優待券が使えます。サラダバー付きのスペシャルランチをいただきました。

調布駅ではなく西調布駅まで歩いて京王線で東府中駅へ。徒歩15分ほどの府中市美術館へ。常設展の絵をゆっくり鑑賞しました。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

JR都区内パス 3月25日(金) [旅行]

この日も東京ミュージアムぐるっとパスであちこち巡ります。葛西臨海水族園からスタートするのでJR都区内パスを利用することにしました。

自宅から中野駅まで歩いて30分ほど。券売機で都区内パス750円を購入します。カード払いも可。JALカードでマイルをこまめに貯めましょう。

中央線で東京駅。京葉線に乗換えて葛西臨海公園駅に9時15分頃に着きました。開園時間の9時30分まで少し時間があったので駅コンビニでパンとおにぎりをスイカで購入。金曜日はスイカポイント5倍です。

9時30分になったので葛西臨海水族園へ。マグロの大量死で有名になってしまいましたが、マグロ展示再開されていました。数回訪れていますが、大型水槽だけではなく、海域ごとに分類されたコンパクトな水槽が並んでいます。普段見かけないものはじっと見ていても飽きませんね。
10時30分にペンギンの餌やりイベント。幼稚園児の団体がご来園で賑やかでした。葛西臨海水族園は鴨川シーワールドと比べるとイベントはかないませんが、展示の魚たちをじっと眺める分にはひけを取りません。入園料も700円とリーズナブル。

京葉線で一駅移動して新木場へ。徒歩15分ほどの夢の島熱帯植物園へ。ごみの焼却熱を利用した温室で熱帯植物が展示されています。カトレアがきれいに咲いていました。シアターで世界の自然を紹介する番組を見ることもできます。参加無料のクイズラリーで花の種をいただきました。

新木場駅へ戻る途中、吉野家でお昼ごはん。この日はスケジュールがタイトなので時間の節約。割引券&株主優待券を使ってベジカレーをいただきました。

京葉線で東京駅。東京上野ライナーで上野駅。山手線で鶯谷へ。徒歩数分の書道博物館を目指します。書道博物館は、洋画家であり書家でもあった中村不折(1866-1943)が蒐集した中国及び日本の書道史研究上重要なコレクションを有する専門博物館。殷時代の甲骨に始まり、青銅器、玉器、鏡鑑、瓦当、塼、陶瓶、封泥、璽印、石経、墓券、仏像、碑碣、墓誌、文房具、碑拓法帖、経巻文書、文人法書など、お宝がいっぱいです。 素人が見てもよいものはよいと判りますね。

事前にネット地図で調べておいたので徒歩15分ほどの朝倉彫塑館へ。谷中霊園で少し道に迷ってしまいました。朝倉彫塑館は朝倉文夫(1883-1964)のアトリエと住居だった建物。展示されている彫刻も素晴らしいですが建物そのものも見る価値があります。

日暮里駅から京浜東北線で王子へ。16時を少し回っていました。飛鳥山公園内にある紙の博物館へ。常設展示は何度か見ているので企画展「木版画の美~今に生きる職人の技~」だけを鑑賞。
お隣にある飛鳥山博物館へ急ぎます。ここは映像解説が多くてじっくり見ると時間がかかります。30分しかなかったので、江戸時代の花見弁当や江戸野菜のコーナーを見ました。企画展の刺繍絵が素晴らしかったです。17時閉館。

王子から京浜東北線で一駅東十条へ。北口からすぐ近くにある「みのや」へ。東京激安グルメで何度もテレビに登場するとんかつのお店。20年ほど前、東十条に住んでいたので時々通っていました。少なくとも20年前から昨年5月まで500円だったとんかつ定食が550円になっていました。しっかりとしたとんかつに丼で出される豚汁。平皿にしっかり盛られたライス。これで550円は申し訳ないです。美味しくいただきました。

篠原演芸場(この日は休演)の前を通って十条駅まで歩いて、埼京線で新宿まで戻りました。

この日使った東京ミュージアムぐるっとパスは6か所2550円相当でした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。